ロゴ

多くの人に宣伝をするなら横断幕をつくって展示がベスト

人目につきやすい

横断幕は大きめのものになるため、遠くからでも人目につきやすい仕上がりになっています。お店の名前や看板メニューを掲載する他、おすすめしたい内容を掲載することによって宣伝効果を得ることができます。

横断幕と懸垂幕の違い

横断幕とは

横に長くなっており、そこに文字やデザインをいれることができます。基本的に横文字で作成されることが多いです。

懸垂幕とは

懸垂幕は横断幕と違い、縦に長くなっています。基本的には縦文字で作成されているのですが希望に応じて横文字で作成することも可能です。

横断幕をつくって大々的にアピールしよう!

横断幕

設置場所に合わせて作成

宣伝に使える、懸垂幕や横断幕。縦に広さがある場合は懸垂幕、横に広さがある場合は横断幕といったように使い分けると良いでしょう。また、どちらもスペースを確保することができるという場合は両方設置するのも良いと考えられます。懸垂幕や横断幕はサイズが大きめとなっているため、遠くからでも目立ち多くの人に見てもらうことが可能です。運転している方にも見てもらいやすくなるので、集客効果を得ることができるでしょう。

横断幕

予算を決めておく

横断幕や懸垂幕を依頼する場合、業者やサイズによって料金が変わってきます。そのため、事前に相場を確認した上で予算を決めると良いでしょう。業者のホームページにもおおよその料金は掲載されているので参考にすることができます。また、生地の素材にこだわりがある場合は事前に生地サンプルを送ってもらうと良いです。そうすることで、失敗することを避けることができるでしょう。

印刷機

専門業者に依頼する

横断幕を作成する場合、横断幕の専門業者に依頼をするようにしましょう。また、初めて依頼をする場合は流れを事前に知っておくことでスムーズに事を進めていくことができます。横断幕が仕上がるまで最低でも1週間ほどかかる場合があるので、早めに依頼をしておくことが大切です。

横断幕が仕上がるまでの流れ

横断幕

業者にデザイン入稿

イラストや文字、色など細かい情報を書いた上でメールやファックス、専用フォームから業者宛に送ります。デザインを入稿した後、業者側からデザイン案が送られてきます。

デザインを確認する

業者からデザイン案が送られてきたら確認を行います。そこで修正してほしい箇所があれば、その際にしっかりと伝えるようにしましょう。業者によっては、修正に費用がかかる場所とかからない場所があるので、事前に確認しておくことが大切です。

決定する

満足のいく仕上がりになったら決定になります。決定する前に再度、修正する箇所はないか隈なくチェックしておくことで失敗を避けることができます。

入荷待ち

決定した後に業者側で印刷を行ってもらい、それから出荷という流れになります。通常印刷や両面印刷など印刷によっても入荷するまでに時間がかかるので、印刷期間なども事前に確認しておきましょう。

広告募集中